合格までの流れとは

公認会計士になる為には、難関の公認会計士試験に合格し、国家資格を取得する必要があります。受験をするにあたり、特別な制限はなく、誰でも年齢や学歴にかかわらず受験することができますが、司法試験と並んで難しいと言われている国家資格になります。

第一段階の関門は、公認会計士の筆記試験「短答式試験」「論文式試験」に合格することになります。マークシート形式である短答式試験に合格しなければ、後の論文式試験に受験する資格を得ることができません。試験内容はあらゆる分野における会計に関する知識について問われる試験になりますので、一気に幅広い知識が必要になりますので大変難しい試験です。必須科目として、「会計学」「監査論」「企業法」「租税法」の4科目であり、他には「経営学」「経済学」「民法」「統計学」の中から1つ必須科目となります。

筆記試験合格後には第二段階の関門として、現場での実務経験が2年以上求められます。監査法人や会計を専門にしている企業に勤め、実際の業務補助を行うことで実践的な知識や技術を身につけ、公認会計士としての経験を積むことになります。その後最後の関門、第三段階に、日本公認会計士協会がとり行う修了考査を合格すると、晴れて公認会計士として登録が許されることになります。