公認会計士の試験とは

公認会計士という仕事について詳しくご存知の方は多くありません。実際どのような仕事をする職業かと言うと、様々な業務がありますが、代表的な業務として「監査」があります。監査業務とは、企業の収入や支出を記載した財務諸表を徹底的に調査して、内容に偽りや誤りがないかをチェックする機関になります。独立した第三者的立場から監査をすることで、企業の粉飾決算を防ぎ、信頼のおける日本の経済社会を安定させる役割を担っています。嘘の決算書を見て株主が投資を行ってしまうと、株主や関連企業に後に大きな損失に繋がる恐れがあり、結果として日本の経済への不指南と経済活動の混乱を招く危険を未然に防いでいます。

監査業務はあまり一般の人が目にする仕事ではありませんので、公認会計士が活躍するイメージが浮かぶことは少ないと思いますが、そのように大きな企業を相手に日々活躍しており、公認会計士が企業の経営状況を厳しく監査しているおかげで、株主は企業を信頼し、株の売買をするおかげで、健全な商売が成り立ち、エンドユーザーの元にも商品がきちんと届くということになるのです。我々の生活にも「監査」は少なからず影響していることを知っておきましょう。そのように、公認会計士は社会の中で大切な業務をする職種ですが、どのように公認会計士になることができるのでしょうか。実は、公認会計士を名乗るには、国家資格が必要になります。医師免許と並ぶ難関とされていますので、しっかりとした勉強計画が必要です。